保証について

防水工事施工完了後から最長で10年保障 防水工事施工完了後から最長で10年保障

防水工事の保証は、新築・改修工事・リフォームどれでも建築物に対し防水工事をした場合には

防水工事の保証は、新築・改修工事・リフォームどれでも建築物に対し防水工事をした場合には「元請け会社」、「施工した会社」、「防水層材料メーカー」の3社が保証をする「防水工事保証制度」というものがあります。 上記を簡単にご説明させて頂くと、 弊社にて防水工事を施工した場合に、雨漏り修理の防水範囲に原因がある雨漏りをした場合には、防水層の補修を無料でさせて頂くという保証です。

保証期間について

防水工事保証制度の保証期間は3社によって総合的に保証期間が決められます。

  • 元請け会社が施工する建築物の状況を考慮し、保証をおこなっても品質に問題がない保証年数(建築物の状況とは築年数や老朽化の程度など)
  • 防水工事を施工する会社が1と同様に、保証をおこなっても品質に問題のない保証年数(施工する会社と元請けの会社が同じの場合も同様です。)
  • 防水層の材料メーカーによる材料の品質保証年数

例えば…
防水層の材料メーカーが材料に対し5年品質保証を行う場合、元請け及び施工会社は建築物の築年数や老朽化を考慮し、5年保証できると判断した場合は5年の保証が出来ますという内容です。 この時、元請け会社もしくは施工会社が建築物の状況を考慮した時、5年の保証が出来ないと判断した場合には保証年数は短くなります。

弊社は最長で10年、最低でも5年保証しております。

免責事項

以下の様な場合には保証対象外となります。

  • 施工および材料以外の原因によって漏水した場合
  • 自然災害により漏水が発生した場合(噴火、洪水、土砂崩れ、地震、台風など)
  • 建物の構造上の欠陥、躯体素地に起因し、漏水が発生した場合
  • 施工範囲以外が発生原因の場合
  • 不適切な維持管理や使用または取り扱いによって漏水が発生した場合(用途変更、他の業者による補修など)
  • 防水層の自然劣化
  • 仕上げ保護材の変退色および摩耗